防腐処理と防蟻処理を行ない白蟻対策をするのがおすすめ

ログハウスは白蟻に狙われやすい?気をつけたい木材選びと管理 ログハウスは白蟻に狙われやすい?気をつけたい木材選びと管理

ログハウスを守るための白蟻防除を忘れずに!

白蟻に負けないログハウスを建てるため、意識したいポイントを紹介します。木のぬくもりあふれるログハウスに憧れる方は多く、アウトドア派のロマンです。夢の建設計画を具体化するため、基礎知識をおさらいしましょう。

木材の防腐処理と防蟻処理は同時にしよう

白蟻被害を受けやすいエリアは湿度が高い傾向があり、カビやキノコが繁殖しやすい環境です。そのため、防腐処理と防蟻処理を合わせて行なう必要があり、ログハウスの資産価値を維持するためには必須とされています。たとえ白蟻がいないエリアでも、防腐処理は不可欠です。一定の条件が揃うと木材が腐って耐久性に支障が出るため、定期的なメンテナンスも意識しましょう。

業者が教える白蟻防除の色々な方法

土壌処理で白蟻の侵入を防止します。(白蟻駆除業者)

白蟻は地中からログハウスに入ることが多いため、基礎の内側など白蟻の通路になりやすい部分に薬剤処理することで、家の中に入ることができなくなります。そのため、土壌表面に薬剤散布、白蟻をブロックする層を造るやり方が一般的な白蟻防除です。最近では、湿気対策を兼ねた「土壌被膜形成工法(クリーンバリヤ後方)」という新しい技術も出てきて、注目を集めていますよ。

白蟻に木材を食べられないように木部処理を行ないます。(白蟻駆除業者)

白蟻対策用の薬剤を木材に直接吹きかけて、被害を未然に防ぎます。ログハウス建設段階で処置するのが理想ですが、もうすでに被害がはじまっている木材にも処置できますよ。新築段階では、キッチンやバスルームなどの水廻りを中心に薬剤散布を行ないます。土壌処理と合わせて対策することでより効果が高まるため、合わせ技を検討しましょう。

人体に影響を及ぼさないベイト工法も人気です。(白蟻駆除業者)

白蟻被害がすでに出ている状態なら、ベイト工法を検討しましょう。ざっくり言うとゴキブリ団子のようなもので、白蟻駆除剤が入ったエサを食べさせて駆除します。白蟻の巣がどこにあるか分からない状態なら、モニタリングステーションでターゲットとなる場所を探します。従来の方法のように広範囲に駆除剤をまかなくてすむため、人体への影響が少ないと人気ですよ。

TOPボタン