白蟻対策をするならログハウスのメンテナンスが有効

ログハウスは白蟻に狙われやすい?気をつけたい木材選びと管理 ログハウスは白蟻に狙われやすい?気をつけたい木材選びと管理

定期的なメンテナンスで白蟻被害を予防しよう!

女性

ログハウスを長持ちさせたいなら、定期的にプロのメンテナンスを受けると安心です。どこを重点的にチェックすればいいのか、具体的な対策を見てみましょう。あわせて、日頃から実践できる簡単な白蟻予防法を紹介します。

ログハウスの白蟻対策に関するQ&A


定期的にチェックしておくべき箇所はどこですか?
ログハウスのメンテナンスを考えるなら、床下がポイントです。白蟻が好きな湿気の温床になりやすいため、湿気除去対策を行ないましょう。床下点検口があれば作業員が中に入って、湿度や土台の状態をチェックできます。ログハウス設計段階で、メンテナンスしやすい構造にしておく工夫も必要でしょう。
白蟻を予防するために重要なことは何ですか?
ログハウスの白蟻対策には通気性が重要で、風の通り道がないと湿気がこもってしまいます。通気口の近くにものを置かない、ブロック塀から少し離してログハウスを建てるなどの工夫が必要です。バスルームやキッチンはとくに湿気がこもりやすく、通気性を確保します。
家の周りに植物を置いても問題ないですか?
壁にぴったりくっつくように花壇を造ると湿気がこもりやすく、白蟻被害の原因になります。背が高い木などを植えると日陰ができて通気性が悪くなるため、日当たりを配慮した種類の植物にする、定期的に剪定して一定の高さを保つなどの工夫をしましょう。

本格的な白蟻防除をしたいなら専門業者にお任せ

ログハウスの根本的な白蟻対策を目指すなら、専門業者に依頼すると安心です。分かりにくい場所にある巣も逃さず駆除、ターゲットになりやすいところを中心に対策できます。いくつかある薬剤から安全性が高いものを選んで使っていくので、人体への影響も少なくなります。一回で駆除しきれないケースもありますが、保証期間内は無償で対応してくれる業者なら追加費用がかかりません。

業者による無料診断で白蟻被害を未然に防ぐ

白蟻駆除業者の無料診断を受けると、被害が起きやすい環境をチェックできます。素人目には白蟻の仕業か判断できないトラブルでも、プロに調べてもらうと安心です。白蟻は100万匹単位で生活するケースも多く、見えないところにたくさん仲間が隠れています。ログハウスの寿命を長くするためにも、定期的なチェックが必要です。

TOPボタン