木材の選び方で変わる!白蟻に強いログハウスを作る準備

ログハウスは白蟻に狙われやすい?気をつけたい木材選びと管理 ログハウスは白蟻に狙われやすい?気をつけたい木材選びと管理

白蟻に負けないログハウスを作るには?

木材

白蟻の被害に負けないログハウスを建てるには、木材選びが重要です。あわせて、白蟻対策におすすめできないNG構造を知り、長持ちする住まいにしていきましょう。害虫に強い代表的な木材3つと、NG構造1つを紹介するので、ログハウスを建てるときの参考にしてください。

白蟻に強い木材を選ぼう

ヒノキ
人にとっては心地良いヒノキの香りですが、白蟻には嫌われます。ヒノキの木材を使うと自然のアロマ効果が期待され、白蟻対策に効果的です。爽やかな木材の香りは人の心を和ませるため、セカンドハウスとして活用したいログハウスにしっくりきます。ダニやカビの発生を防止する効果も期待されるので、ハウスダスト対策などにもいいでしょう。
ヒバ
ヒバの木にも高い防虫効果が期待され、白蟻対策に効果的です。ヒノキと同じ香り成分を持ち、人の心をリラックスさせる働きをします。腐食しにくい性質もあって、ログハウスを長持ちさせる効果も期待されます。唯一、弱点をあげるなら非常に柔らかい性質で、床材には不向きです。ただ、ヒノキより安価な木材なので、ログハウス作りに取り入れやすいです。
ウェスタン・レッドシーダー
ぬくもりがあるカラーが特徴的なウエスタンレッドシダー、和名は米杉と呼ばれています。耐久性が高い木材なので、白蟻の餌食になりにくい素材と言えます。正しくメンテナンスしていけば、防腐処理無しでもログハウスが長持ちします。ウッドデッキなどの素材としても有名なので、ワイルドな雰囲気がお好みの方に人気があります。

白蟻を寄せ付けない基礎構造

白蟻のエサになりやすいのは木材なので、コンクリート造りや鉄骨造り構造が白蟻予防には適しています。しかし、ログハウスの場合は木造ベースで造っていく特性上、どうしても白蟻被害に遭いやすい構造です。そのため、上で紹介したような木材を使用して、できる限りの対策をしましょう。ツーバイフォー構造は湿気を含みやすく白蟻の温床になりやすいため、避けた方が良いです。

TOPボタン